胃カメラ(上部内視鏡)とは

胃カメラ(上部内視鏡)は、小さなカメラによって食道・胃のポリープやがん、炎症などを調べるのに用いられる検査機器です。
胃カメラ検査を定期的に受けておくことで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が飛躍的に高まります。
特に、ピロリ菌感染、慢性萎縮性胃炎のある方には、定期的な胃カメラ検査をお勧めしております。

当院では経鼻内視鏡を採用

当院の胃カメラ検査は、内視鏡スコープを鼻から挿入する経鼻検査、口から挿入する経口検査の両方を行っており、どちらにするかを患者様に選んでいただいています。
当院が導入している内視鏡スコープは細径ですから鼻と口のどちらから挿入する場合も、適切な処置によりほとんど不快感のない検査が可能です。
また、鼻からの経鼻検査では、強い吐き気を起こす部分にスコープが直接触れることがないため楽に検査を受けられますし、口が塞がらないため検査中に医師と会話をすることもできます。

鼻から胃カメラが吐き気がしない理由のイメージイラスト

経鼻内視鏡検査の流れ

  1. 問診
    経鼻内視鏡検査を行うにあたり、リスクが伴わないかをチェックします。
  2. 消泡剤を飲みます
    胃の中の泡を消して、胃壁をきれいにし、見えやすくするためです。
  3. 内視鏡を挿入する方の鼻を選択します
    鼻翼を片側ずつ押さえて鼻呼吸をし、鼻の通りの良い方を確認して、どちらの鼻から内視鏡を挿入するかを選びます。
  4. 両方の鼻腔に局所血管収縮薬を噴霧します
    鼻腔粘膜の血管を収縮させて出血しにくくするとともに、鼻の通りを良くするためです。
  5. 鼻腔に麻酔薬を注入して、局所麻酔を行います
  6. 麻酔薬を塗ったチューブを挿入し、5分間ほど留置します
    鼻腔の痛みを抑え、内視鏡の通過を滑らかにするためです。
  7. 左側を下にしてベッドに横になり、検査が始まります
  8. 鼻から内視鏡を挿入します
    経鼻ですと、口は自由に動かせますので、医師との会話が可能です。
  9. 食道、胃、十二指腸を観察します

こんな症状の際に胃カメラ検査をお勧めします

  • 上腹部が痛む
  • 胃の不快感がある
  • 胸焼けがする
  • 喉、または胸のつかえ感がある
  • 吐き気、嘔吐
  • 黒い便が出る
  • 貧血を指摘されている
  • 顔色が悪いと言われる
  • 体重が急に減った
  • バリウムによる胃の検診で異常を指摘された
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
  • 肝硬変と言われている
  • 食道がん、胃がんを治療したことがある など

胃カメラ検査で発見される消化器疾患

  • 胃がん
  • 食道がん
  • 十二指腸がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 急性・慢性胃炎
  • 逆流性食道炎 など